SHURE SE215 Special Editionを購入しました

初めてSHUREのイヤホンを買いました。
ずっと長らく普段使いにはAKGのK321を使ってたんですけれど、とうとう廃盤になってしまって入手ができなくなってしまったんですね。
少し前にフェンダーのDXA1を買ったんですけれど、電車などで使うにはもうちょっとケーブルが太くて頑丈そうなものがいいかなと感じていました。

という事で早速秋葉原のeイヤホンで色々試聴してみた結果SHUREの SE215 Special Editionを買いました。
SE215という普通のモデルもあるのですが、Special Editionは青い方のやつです。

早速開封してみたところです。
ケーブルも太くて頑丈そうだし、コネクタの部分もL字になっていて実用的なデザインですよね。しかもリケーブル出来るので、断線したらしたで交換すればいいですしね。
K321のストレートタイプのコネクタはどうしてもその部分で断線しやすかったんですよね・・・・音はとても好きだったんですけども、買い替えの頻度が多すぎました。

付属品

早速付属品から。
ちょっとびっくりしたんですけれど、このイヤホンにはシリコンタイプとウレタンタイプ計6種類のイヤーチップが付属しています。

こんな感じです。
もちろんケースも付属しています。

サウンド

ベース、ドラムの低音がとても力強く気持ちいいです。
特にベースの音がすごくよく聴こえるのが気持ちいいですね。
音の分離度や高音の出方なども同価格帯の他のモデルと比べてとても良く聞こえます。
とにかく元気で力強いサウンドでロック・ポップスを楽しむのにぴったりではないでしょうか。

まとめ

簡単な感じの記事になってしまいましたが、価格を考えるととてもコストパフォーマンスがよくおすすめなイヤホンだと思います。日常用途に最適だと思います!

 

SHURE SE215 Special Edition

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)